森林バイオマス事業

バイオマスとは、動植物から生まれた、再利用可能な有機性の資源(石油などの化石燃料を除く)のことです。

 

化石燃料と違い、バイオマスは、太陽エネルギーを使って水と二酸化炭素から生物が生成するものなので、持続的に再生可能な資源であることが大きな特徴です。

 

このバイオマスを、化石燃料の代替として利用することにより、化石燃料使用量の削減を図ることは、地球温暖化防止対策のひとつとして注目されています。

 

バイオマスの種類は主に「廃棄物」「未利用のもの」「資源作物」に分かれます。
 

当社 グリーンパワーうんなん では、林業の未利用バイオマスである「林地残材」を活用しています。

sun_edited.png

廃棄物系バイオマス

​廃棄物として発生しているもの

 

   畜産資源(家畜排泄物など)

   産業資源(パルプ廃液など)

​ 食品資源

(加工残滓、生ごみ、動植物性残滓など)

gomi-bukuro_10316-300x225_edited.png
gomi_namagomi.png

未利用バイオマス

​資源として利用されずに

廃棄されているもの

 

   林産資源(林地残材)

​   農産資源(稲わら、もみ殻、麦わらなど)

maruta.png
wood_maruta_single.png

資源作物

​資源としての利用を考えて

栽培されたもの

 

  でんぷん資源(米、イモ類、トウモロコシなど)

   糖質資源(さとうきび、てんさい)  

   油脂資源(なたね、大豆、落花生など)

morokoshi.png
peanuts.png