わたしたちの取り組み

ピクニックベンチ

林地残材による

森林バイオマスエネルギー

事業の展開

里山券を活用した

地域経済への貢献

雲南市内の森林から市民参加と林業事業体が搬出する林地残材を購入し、乾燥した上でチップに加工して市内公共施設のチップボイラーに供給する

チップボイラー

のメンテナンス

雲南市

森林バイオマス

エネルギー事業

登録者の林業技術アップ及び、安全確保のために、

林業技術講習会を開催

チップにしない広葉樹などは、原木や薪の形で販売

IMG-30.jpg
IMG-37.jpg
IMG-36.jpg
IMG-40.jpg
IMG-39.jpg

市民参加型 森林バイオマスエネルギー事業

エネルギー循環と経済循環のしくみ

グリーンパワーうんなんには、自らの山を中心に森林整備を行っている約350人の雲南市民の皆さまが、グリーンパワー仲間として登録をしてくれています。このうち約120人の方が、グリーンパワーうんなんが管理するストックヤードに木材を搬出してくれています。

グリーンパワー仲間の皆さまには、

木材1トンあたり6,000円(現金2,000円と地域通貨「里山券」4,000円分)をお渡ししています。

​その里山券は、雲南市と周辺地域の「里山券取扱店舗」にて使っていただけます。2020年7月時点で、118の店舗の方々が取扱店として登録されています。

木
wood_maruta_single.png
wood_maruta_single.png
wood_maruta_single.png

1トンにつき

​現金2000円

里山券4枚(4000円)

に交換

里山券取扱店

​市内118店舗の里山券取扱店で使用できます

20200415_里山券_表.jpg

2020年7月現在

IMG-3_%25E3%2582%25A6%25E3%2583%2583%25E

市内のチップボイラー

に供給し

公共施設熱エネルギー

として使用

​里山券を利用し

暮らしに役立ちます

<供給施設>

波多温泉「満壽の湯」

三刀屋健康福祉センター

木次町健康温泉「おろち湯ったり館」

​雲南市庁舎

雲南市立病院

​加茂B&G海洋センター

エネルギー循環

経済循環

登録者の高齢化、伐出する木の作業性の低下、登録者の山林の整備終了などにより、少しずつ木材の排出量が減っています。

今後、安定的な原木量を確保するためには

●登録者を増やす

●グループでの活動を増やす

●林業技術のレベルを上げる

●作業道整備を進める

●重機の利用を進める

などの対策をとる必要があると考えています。

 

​その中でも、林業技術のレベルアップのために、グリーンパワーうんなんでは林業技術講習会を行っています。実践的に行う講習として、グループに対する伐倒・搬出講習が有効で、ロープやPCウィンチ、軽架線キットなどを用いることで、木材の搬出作業は格段に効率が良くなります。効率が良くなることは、森林整備活動へのモチベーションアップにつながり、木材の搬出量の増加につながると考えています。

IMG-17.jpg